<外国人モデルについて>外国人モデルのマネージャーや事務所、エージェンシー

外国人モデルの情報について

外国人モデル

では、外国人モデルにかんして観ていこう。
外国人モデルの人気が高いブランドは、ルイ ヴィトン、deborah、ディーゼルだ。
しかしながら、外国人モデルと云うと、私はついホワイト家族のお兄さんの事を思い出してしまう。
彼は、コマーシャルのときとはまたちがって、雑誌にでてくる時はマジで、カッコ良いのだ。
外国人モデルは、本当にピンからキリまで居ると云われているが、それは日本人モデルも同じだろう。
日本は給料が良いらしく、日本で活動たいと云うのも少なくないと耳にする。
疑う余地もなく、我々日本人から観て外国人モデルは皆八頭身だし、足も長いしスレンダーだし鼻が高いし綺麗だなぁ、とおもうけれど、綺麗だからって云って、その外国人モデルが売れるかと云うと、そうでもないのが現状だ。


スポンサードリンク

外国人モデルやそのマネージャーは、ソフトバンク等の事務所や専門のエージェンシーが募集

外国人モデル

雑誌で見掛ける外国人モデルやそのマネージャーは、ソフトバンク等の事務所や専門のエージェンシーが募集している。
こういった募集に応募する外国人モデルは、スレンダーな人が少なくないだろう。
しかしながら、アメリカ等欧米だと、女性と云うのは、スレンダー体型よりも肉感的なボディーの方がモテると云う。
近頃の日本でも、そういう風潮がみられるようにおもえるが、それでもやっぱりどちらかと云うと、スレンダーな体型の方が評判があるのかな、と云う気がする。
外国人モデルと云うと、以前どこかの外国で、あまりに痩せている人はモデルとして採用しないと云う事が話のネタになった。
その中でも、超有名ブランドのファッションショーにでてくるレベルの外国人モデルに成ると、まさに細くてヒョロヒョロしたマネキンのようなイメージが有る。
こういったファッションショーの選考審査の際に、ちょっとでも太ると落ちると云う恐怖感から、拒食症になってしまったと云う外国人モデルもいるくらいだ。
何でも、こういった拒食症に陥る危険性を防止するためと云う措置で、あまりに痩せているモデルは採用しない、と云う事になったようのが真相のようだ。


外国人モデル・ステファニー、シギー、画像について

前述したように、疑う余地もなく拒食症に陥る危険性を防止する為、あまりに痩せている人はモデルとして採用しないと云う事には一理あるとおもう。
しかしながら、こういった肉感的なボディーを所有したモデル達が、その国だけでショーや雑誌にでると云うのであればそれで良いのであるが、他の国では、依然としてマネキンのようなモデル体型の外国人モデルと云うものが暗黙の了解で決定している。
肉感的なボディーを所有したモデルのケースの場合、他の国で外国人モデルとして活動する時に、またそこでダイエットしなければならないと云う事になるわけだ。
外国人モデルとして、それはそれでたいへんな事だ。
こう考慮して足を運ぶと、モデルと云う商売にも世界基準のようなものが必要なのかも知れない。
日本人モデル達も、海外にいけば外国人モデルと云う事に成る。
海外で活動した本当に超有名なモデルに小夜子がいる。
小夜子は既に亡く為っているが、小夜子は、日本人としての顔の特徴点を兼ね準備したすばらしいモデルだったとおもう。
小夜子の登場以降も、相当の日本人モデル達が、海外で活動してきた。これから更に相当の日本人モデル達が海外で活動していく事だろう。
日本にもまた、ナオミキャンベルクラスの外国人モデルが現れる日が来るのだろうか。
余談だが、外国人モデルと云うとステファニー、シギーが超有名だ。参照事項として、外国人モデルの画像を以下に案内しておくのだ。

 

外国人モデルの画像はこちら

 

 

 

 

 

[関連リンク]

 

https://www.google.co.jp/search?q=%E3%83%A2%E3%83%87%E3%83%AB&tbm=blg&output=rss&num=50






婚活で出会う