<携帯電話と子供のへ悪影響>携帯電話を子供がもつメリットと、犯罪や事件、危険に対する安全対策等

携帯電話と子供の影響について

携帯電話,子供

それでは今回は、携帯電話と子供への悪影響や、携帯電話と子供の関係にかんして講釈したいとおもう。
まず、携帯電話を子供が所有したケースの場合の悪影響としては、出会い系ホームページやプロフと云ったホームページで犯罪や事件に巻き込まれる危険性がある事や、学校裏ホームページでいじめられた子供が自さつしてしまった問題等が挙げられる。
そこで次に、携帯電話と子供の関係にかんして観てみたいとおもう。
以前、[携帯電話の子供のうまく利用]と云うテーマで子供を所有する既婚者の男女を対象にして、アンケート調査が実行されたようだ。
この調査から携帯電話を子供がどのくらいの割合で保有しているのかや、子供が携帯電話を所持する理由等が明白にされている。
これは2005年2月に実行されたアンケート調査だ。
この調査での適切回答者数は510人で、回答者は20代から50代の子供を所有する既婚者である男女で、この内訳を観ると男性が152人で、女性が358人だったそうだ。
適切回答者を居住地域別に分類してみると、その半数以上である257人が居住しているのは、首都圏を包括する南関東だったそうだ。
このアンケートの回答を観ていくと、[携帯電話を子供が所有している]と回答した人は171人だったそうだ。


スポンサードリンク

携帯電話を所有する子供の調査と普及率について

携帯電話,子供

携帯電話を所有する子供の年齢層から普及率を閲覧すると、小学校低学年で普及率は16.7%、小学校高学年の普及率は30.5%で在り、子供が中学生に成ると普及率は69.1%で、高校生の子供では普及率は94.7%と為っているそうだ。
ついでに、大学生の子供に成ると携帯電話の普及率は100%と云う結果だった。
このアンケート調査は、同じ内容のものが2004年11月にも実施されているそうだ。
過去に実践された同一調査と今回の調査を比較したケースの場合、小学校低学年では携帯電話を所有する子供の普及率が約12ポイント増大していたそうだ。
もう既に携帯電話が普及している高校生や大学生を除外して、あらゆる年齢層で携帯電話を子供が所有している普及率は増加風潮にあると云う結果だったのだ。


携帯電話を子供が所有するメリットと、犯罪、事件、危険に対する安全対策について

携帯電話を子供に持たせた理由としては、[携帯電話を子供が所有している]と答えた回答者の56.7%が、[緊急の際に子供と連絡が取れるメリットがある]と答えたほか、22.7%が[塾等からの家に帰る時間を連絡させるメリットがある]と答えたそうだ。
また、自由回答欄を観てみると、[出きるかぎり携帯電話を子供には持たせたくはないが治安が悪化しているため]とか、[子供がターゲットにされる犯罪や事件等の危険が増大しているから安全のため]と云う事が挙げられていた。
この結果を鑑みると、子供が巻き込まれる事件や危険に対する安全対策の一環として、携帯電話に待望していると云う姿勢やポーズやポーズが浮き彫りに為っていると云えるだろう。
これ以外にこのアンケート調査では、携帯電話の子供のうまく利用料にかんしても調査されている。
その結果、中学生の子供までは、ほぼ100%の親が携帯電話のうまく利用料を支出しているが、高校生の子供のケースの場合だと親の1割が子供にうまく利用料を支払わせていると云う結果に為っている。
このアンケート調査は2005年に実施されたものである為、現状では小学校、中学校における携帯電話の子供の普及率は更に増大していると考慮される。
そして小学生以下の子供が携帯電話を所有している時も近頃は増大してきているようだ。

 

 

 

 

 

[関連リンク]

 

https://www.google.co.jp/search?q=%E6%90%BA%E5%B8%AF%E9%9B%BB%E8%A9%B1&tbm=blg&output=rss&num=50






婚活で出会う