<加入権買取とは?>加入権買取と譲渡や休止、価格

加入権買取にかんして

加入権,買取

では、今回は固定電話の加入権買取にかんして講釈したいとおもう。
近頃、加入権買取の勧誘TELが多種多様問題視されているが、これには2つの問題点があって、シンプルな加入権買取の時と、プロバイダと契約するときのひかりTEL等のIPフォンの加入の際に固定電話の加入権を買取って下取りに出すと云う時が有る。
どちらも固定電話の加入権を買取る時であるが、現実の加入権の相場よりも圧倒的に安い価格で加入権を買取る為、一見お得なようにおもえるが、現実は相場の半分以下の価格で加入権を買取ろうとするものだ。
殊更にIPTELの加入の際は、固定電話の加入権の下取りの買取価格が2,000円レベルのもIPフォンったり、実に1/10以下の価格で下取りをしようとする為、消費者の無知を逆手に取った、途方もなく悪質な商法と云える。


スポンサードリンク

加入権買取とNTT、休止、譲渡について

加入権,買取

正式な市場でやり取りされている固定電話の加入権の買取価格は22,000円で、売られる時は24,000円がだいたいの金額相場であるが、この金額相場と比較して加入権の買取専門業者の勧誘のケースの場合だと、相場が7,000円のところを10,000円で買取る、等と云った有利な事を持ちかけてくるが、現実のところ10,000円で業者が買取っても12,000円の利益が上がる為、実に割りの良い商売に成ると云うわけだ。
現実に加入権を販売しているNTTが固定電話加入権を休止する際に、加入権を買い取ってくれないわけであるから、譲渡する時は民間の仲介業者に買取ってもらうしかないのが現実だ。
但し、固定電話を休止したのに加入権だけ残存すると云うのも奇妙な話であるが、現実はNTTでは10年間は、固定電話の加入権で割り当てられたTEL番号は保持されていて、たとえ10年間を過ぎても、NTTにあらかじめ連絡しておけば、継続されるのだ。
10年間が経過する前に絶対にNTTから連絡が来るが、もしまた固定電話を使用する時には、こちらからNTTに連絡するのみで、無料で固定電話が復活するのだ。


加入権買取と加入権制度の廃止、携帯電話について

IPフォンに加入した時でも、同じTEL番号を使いたければ、詠みかえオプションで可能なケースの場合もあるが、ただNTTも加入権制度を廃止する方向に動作しているから、加入権の買取の相場も相当の下落風潮に在り、いまなら10,000円であれば専門業者に買取ってもらっても問題ないだろう。
将来的には固定電話自体が紛失するか、もしくは加入権は確実に廃止する人向であるから、再び固定電話を使用する時でも、わざわざ加入権を取得する必要もなくなるだろう。
固定電話のような独自のインフラを使用するよりは、IPフォンのようにインターネット回線を使用したTELの方が、設備投資にかかる費用が桁ちがいに安くなる為、NTTがIPフォンや携帯電話にシフトして足を運ぶ事は、自然の成り行きなのだ。
ただNTTは、既存の固定電話のユーザーがいる間は、通信のインフラ提供企業の筆頭として、固定電話の加入権と云う名目をキープしているだけと考慮するべきだろう。
勿論、加入権制度が廃止されれば、もはや加入権を買取ってもらう必要がなくなる事は云うまでも無い。

 

 

 

 

[関連リンク]

 

Error 400 (Bad Request)!!1






婚活で出会う