<ocnのプロバイダとしての問題点>プロバイダocnが主張するIPv4アドレスの枯渇とIPv6アドレスへの移行

ocnのプロバイダとしての問題点にかんして

ocn,プロバイダ,IPv4,アドレス

ocnのプロバイダ(インターネット接続サービス事業者)としての最大最高の問題は、IPv4アドレスの枯渇の問題だ。
IPv4アドレスとは、シンプルに云ってしまえば、普段皆さんが使用しているメールアドレスのような固有のアドレスを意味するものだが、厳密に云えば、ネットワーク上のIPアドレスを意味する。
単独で通信回線からプロバイダに接続してインターネットに入ろうとするケースの時、各々のPCごとのIPアドレスは不可欠だ。
ocnのユーザーの時、IPアドレスはocnのプロバイダから割り当てられるが、インターネットのユーザーが、ここ数年ADSL/FTTHの普及で爆発的に増大した為、いよいよIPアドレスが不足するだろう事が懸念されていたのだ。


スポンサードリンク

IPv4アドレスの枯渇とIPv6アドレスへの移行について

ocn,プロバイダ,IPv4,アドレス

NTTコミュニケーションズとは、自身が運営するプロバイダocnが、他のプロバイダーのバックボーン的なインフラ基盤をサポートしている基幹プロバイダーだ。
と云うわけで、ネットワークを管理する上でIPv4アドレスの枯渇の問題は、現状以降のNTTコミュニケーションズの独自なサービスのみでなく、全てのプロバイダーの業務の妨げとなるのは、明らかだ。
ocnのプロバイダとしてのIPv4アドレスの枯渇の問題に対して対応策として、新規格のIPv6アドレスと云うモノを主張しているが、一気にIPv6アドレス移行する事は、現実問題として、ユーザーのPC環境を大幅に変更すると云う必要が在り、現状のIPv4アドレス環境下のネットワークからIPv6アドレスへの移行には相当の時間が必要だと考慮されている。


ocnのプロバイダとIPv4アドレスの共有化について

IPv4アドレスの枯渇にかんして、ocnのプロバイダの立場からすると、当然ただ黙って観ているわけにも行かず、NTTコミュニケーションズの先端IPアーキテクチャセンタの担当者からの提案で、IPv4アドレスの共有化で凌ごうと云う提案がなされて、少しばかりの話のネタに為っている。
ocnのプロバイダの主張しているIPv4アドレスの共有化は、決して珍しい話ではなく、LANや携帯電話の世界では、当たり前のように実践されている事だ。
現実インターネットのIPアドレスの数がおおくなっても、同時にこれらのPCがインターネットに接続されているとは限らない。
もし、全体の10%から20%しかうまく利用されていないのであれば、インターネットの接続時にocnのプロバイダのサーバーで一時的にIPアドレスを割り当てようと云う考え方だ。
しかしながら、近頃の集合住宅のLAN環境でインターネット接続しているケースの時、殆ど固有のIPアドレスを設定しないのもその為だ。
ワーキングシェアじゃないが、IPアドレスのシェリングを実践しようとするものだ。
しかしインターネットで画像やムービーファイル等送受信されると、データ量がおおくなり、IPアドレスのシェリングが上手くいかず、ただしく表示されなかったりするトラブルが生じるのもその為だ。
ocnのプロバイダにとっては、どちらにしても根本的な解決策じゃないようだが。。

 

 

 

 

 

[関連リンク]

 

https://www.google.co.jp/search?q=%E3%83%97%E3%83%AD%E3%83%90%E3%82%A4%E3%83%80&tbm=blg&output=rss&num=50






婚活で出会う