<ワールド印刷と民事再生法>ワールド印刷の倒産の原因、経営戦略、仕入先等

ワールド印刷と民事再生法について

ワールド印刷

香川県三木町のワールド印刷が倒産し、民事再生法のうまく利用のニュースが四国新聞に掲載された。
そこで、ワールド印刷と云う企業にかんして、私が調べた結果を案内したいとおもう。
まず、ワールド印刷とは、香川県木田郡三木町に本社を置く株式会社だ。
ワールド印刷は、国内の印刷会社としては、設備機器を出きるだけポジティブに導入して業務の効率化を狙い、[企画印刷]と云うワールド印刷独自の事業大展開を実践して、香川県から全国大展開へと事業規模を拡大していった企業だ。
しかしながら、近頃の原油高や円高の影響もあって、ワールド印刷の仕入先等の取引先の印刷業者の倒産が連続し、更にこのところの設備投資に結びつく借入金の返済と同時に、原材料の高騰がかさなり収益が大幅に下落してしまったのだ。
その結果、最終的に資金繰りに行きつまったワールド印刷は、高松地裁に民事再生法のうまく利用の申請をする羽目になってしまったのだ。


スポンサードリンク

ワールド印刷の積極的な経営戦略について

ワールド印刷

基本中の基本的にワールド印刷の業績は上向きで在り、人件費の割高な日本国内に於いて、最新の設備機器をポジティブに導入する事で、人件費のカットに成就していたのだ。
更にワールド印刷は、[企画印刷]と云う企画編集段階からクライアントを支援する営業戦略を実施し、高い収益力を確固たるものとしていた矢先だった為、運が悪い不可抗力により図らずも民事再生法のうまく利用を申請したとしか云えないものであった。
近頃の日本国内の印刷業界と云うと、付加価値の高いレベルの印刷は別にして、おもに通販事業等にうまく利用されるカタログや新聞の折り込みチラシ等は、大手企業のケースの場合は殆ど中国(中華人民共和国)で印刷を実践していた為、一般の日本国内の印刷会社の経営状態は悪化する他方であった。
その中でワールド印刷の出きる限り積極的な経営戦略は特筆すべきものであったのだ。
つまり、ワールド印刷は、印刷事業を企画段階まで拡大していき、例を挙げると印刷物の編集やロゴや紙面のデザインまで請け負うと云う為、尚且つ最小人数で業務を実践するための技術設備の高度化をはかり、1人あたりの生産力を限界まで高める事に重点をおくものだったのだ。


ワールド印刷の倒産の原因について

ワールド印刷の前述したようなビジネスモデルは、ただ単に高度な印刷技術を自慢するのみでなく、迅速でクライアントのニーズを先取りする提案型のビジネスモデルだったと云える。
しかしながら、ワールド印刷の思い描くビジネスモデルが本格化する前に頓挫してしまった事は、いまの世界経済の深刻な状況を物語っているとも云えるだろう。
ワールド印刷の倒産は、民事再生法で再生される事は明らかであるが、ワールド印刷が出きる限り積極的に取り組ん出きた、他の印刷会社との業務提携やネットーワークつくりに大いに影響がでるのだ。
そして、この影響によりワールド印刷が出きる限りポジティブに実践してきた設備投資の資金回収期間が、初期段階の見積り回収期間を大幅に上回る事もまた明白になってしまったのだ。
このような経済環境は、石油高やこれに影響された原料高が巻き起こした状況とは言え、この背景にはアメリカのサブプライム問題が大幅に影を落としているとおもわれる。
アメリカのサブプライム問題でこうむった損害を、製品市場で回収しようとする思惑買いが全世界的に蔓延してしまい、この思惑買いが石油高を更に増進させ、あらゆる原料の価格高騰を招いてしまったのが、ワールド印刷の倒産の原因と云えるだろう。

 

 

 

 

 

[関連リンク]

 

Error 400 (Bad Request)!!1






婚活で出会う