<マッドカプセルマーケッツ>マッドカプセルマーケッツと五味隆典やPV、CDについて

マッドカプセルマーケッツと五味、PV、CD等について

マッドカプセル,マーケッツ

マッドカプセルとは、マッドカプセルマーケッツ(THE MAD CAPSULE MARKETS)と云うロックバンドの略称だ。
近頃では音楽のジャンル分けがだんだん難しくなってきており、もしかするとマッドカプセルマーケッツのファンの人が上の講釈を観たら、[いや、マッドカプセルはロックじゃない]と疑惑を抱かれるかも知れない。
更に正確にマッドカプセルの音楽ジャンルを表現するとミクスチャー・ロックデジタル・ハードコアと云うジャンルが近いと云われているようだ。
また、マッドカプセルの初期活動時にはヴィジュアル系バンドのようなルックスであった事から、その外見だけを観てヴィジュアル系だとおもっている人も少なくないようだ。
であるが、マッドカプセルの現実の音楽的風潮はヴィジュアル系じゃない。
ザ・スターリンと云うパンクバンドがあるのであるが、マッドカプセルはこのザ・スターリンに影響を受けたパンク色のつよいサウンドであったと云われているが、当の本人達は日本のテクノユニットとしては草分け的実在であるYMO(イエロー・マジック・オーケストラ)につよい影響を受けており、パンクをベースにした音で有りながら、シーケンサー(音楽をプログラミングする機材)やサンプラー(楽器以外の音を録音して音源として使用する機材)による音つくりを相当初期の段階から行っている。
殊更に、マッドカプセルマーケットのTAKESHI UEDAベース音はコンピューターのようにリズムが正確で評価の高いベース音だ。


スポンサードリンク

マッドカプセルマーケッツと電撃ネットワークについて

マッドカプセル,マーケッツ

マッドカプセルマーケッツの、それまであまり実在していなかったオリジナリティのある曲つくりは、メジャーなアーティストからも高い評価を得ていた。
この中でも布袋寅泰やX JAPANのhide、BUCK-TICKの今井寿等が、インディーズ時代にあったマッドカプセルの名前もしくは名称を何回も口にして宣伝みたいに為っていた為、いざマッドカプセルがメジャーデビューする時には鳴り物入りのメジャーデビューと成ったわけだ。
また、あまり詳細は明白にされていないものの、マッドカプセルは[電撃ネットワーク]と親交がある事で認識されている。
電撃ネットワークは危険な荒業をショーとして見せる事で認識される、異色のショーユニットだ。
電撃ネットワークは、どちらかと云うと日本よりも海外で評判で、海外では[TOKYO SHOCK BOYS]の名称で認識されている。
マッドカプセルも海外で、殊更にイギリスでの知名度や評価が途方もなく高いので電撃ネットワークとの親交もこうしたプロセスがあるのかも知れない。
その親交にかんしては、マッドカプセルマーケッツのリリース曲に電撃ネットワークが参加している事からも察する事が出きる。


五味隆典の入場曲、プロレタリア、PVの試聴、CDやCDジャケットについて

総合格闘家の五味隆典の入場曲はマッドカプセルマーケッツの[SCARY]だ。
五味隆典とPRIDE武士道の全盛期に、よく五味隆典の入場曲は何だ?と云う事が話のネタに為っていたが、この正体はマッドカプセルの[SCARY]だったのだ。
更に、近頃、マッドカプセルのプロレタリアと云う曲の評判が高く、インターネット上でよく検索されているが、このプロレタリアのPVの試聴をする方法を記述しておくのだ。
[Youtube]と云う動画ホームページの検索ボックスに[THE MAD CAPSULE MARKET'S プロレタリア]と入力して検索して欲しい。
こうすれば、プロレタリアのPVの試聴が出きるはずだ。
また、マッドカプセルのCDやCDジャケットの探し方であるが、下記ホームページを参照事項にして欲しい。
なお、マッドカプセルマーケッツは1996年にメンバーのISHIGAKI(ただしくはAが上下逆に表記)事石垣愛が脱退し、3人のメンバーで活動していたが、2006年についに活動休止になり、現状はマッドカプセルとしての活動はしていないようだ。

 

 

 

 

 

[関連リンク]

 

Error 400 (Bad Request)!!1






婚活で出会う