レーシックの後遺症とは? レーシックの後遺症と失敗例、集団感染や角膜炎

レーシック手術と後遺症

レーシック,後遺症

レーシック手術で視力回復したいという人は非常に少なくないのじゃないかと思案する。
レーシック手術を受けて失明したという話は、これまで耳にした事が無いから殆ど失敗例は無い。
手術自体もそんなに時間もかからないし、むずかしいものじゃないみたいである。
しかしやっぱり、眼球を手術するわけであるから恐いのではないだろうか?しかしあまり心配しなくても大丈夫みたいである。
そこで、レーシック後遺症にかんして吟味してみた。
レーシック手術の後遺症や失敗例、失明やデメリット等インターネットを吟味すればたくさんでてくるが、メガネやコンタクトを遣うのが嫌な人は一度、当サイトでレーシックと後遺症について吟味してみてほしい。


スポンサードリンク

レーシックの後遺症と失敗例→細菌、集団感染、角膜炎

レーシック,後遺症

レーシックの失敗例としては、最近話題になった東京の銀座にあった眼科の診療所だろう。
ここの元院長曰く、多くの患者に手術をしたかったとの事で、手術器具の滅菌をしていなかった事で、患者達を細菌に感染させて角膜炎などの集団感染を発生させて逮捕された事が記憶に新しい。
この患者達は、角膜が濁るなどの後遺症に悩まされているというから驚きである。
こんなレーシックの失敗例は論外であるが、やっぱり口コミで評判の良い清潔な眼科、クリニックを選んだ方が無難だろう。
レーシックで後遺症になるかどうかは、良い眼科やクリニックを選択する事で回避出来るのじゃないだろうか?


レーシック後遺症?→ドライアイ、グレア、ハロ

レーシック後遺症で主だったものは、ドライアイ、グレア、ハロじゃないだろうか。
レーシック後遺症のうちドライアイとは、乾燥しやすい目になる事であるが、最新技術で問題点が改善されてきている。
次にグレアであるが、これは明るい所にでると光がまぶしく実感出来たりする事であるが、これもは2から3ヶ月ほどで自然と改善される。
次にハロという後遺症とは、夜間の灯りがぼやけて見えたりする事であるが、これも2から3ヶ月ほどで自然と改善される。
これらの事を勘案すると、レーシックの後遺症なんてほとんど存在しないように実感できる。
レーシックのデメリットも上記の後遺症とだいたい同じような事じゃないだろうか?
やっぱりレーシックで後遺症になるかどうかは、良い眼科やクリニックを選択する事で回避出来るのじゃないだろうか?
ドライアイやグレア、ハロ等は後遺症の内には入らないし、レーシック手術を受ける事に拠って、老眼や乱視の人も視力回復する事を勘案したらメリットの方が少なくないみたいに思案するが皆さんはどう思案するだろうか?

 

 

 

 

 

【関連リンク】

 

Error 400 (Bad Request)!!1






婚活で出会う