レーシックの医療費控除 レーシックを確定申告で医療費控除する

レーシックの医療費控除と確定申告

レーシック,医療費控除

レーシックは医療費控除の対象になるのか?
こんな心配をしている人は多いと思う。そこで今回はレーシックの医療費控除にかんして吟味してみた。
まず初めにレーシックとは、目の表面の角膜にエキシマレーザーと呼称されるものを照射し、角膜の曲率を変化させる事により、視力を矯正する手術の事をいう。
レーシック手術を受ける事により相当の確立で視力が回復する事が出来るし、乱視の矯正も可能なので要チェックである。
とはいえ、この手術は料金が数十万するので、誰でもすぐに受けられないのも現実的な話である。
そこで今回はレーシックの医療費控除にかんして吟味してみたわけであるが、もしレーシックが医療費控除として計上できれば、確定申告の結果、高額な手術代のうち何割かがもどって来ることになるわけである。


スポンサードリンク

レーシック手術を受けて視力回復した超有名人

レーシック,医療費控除

まず医療費控除と保険の話をする前に、レーシック手術を受けて視力回復した超有名人を紹介する。
主だった有名人といえば、プロゴルファーのタイガー・ウッズや松坂投手がいる。
しかし、日本に於いては、まだレーシック手術の歴史は浅く、長い目で目にした時の安全性が確認されていない。
確かに経済的に裕福な有名人ならば、そんなにレーシックの高額な料金は気にならないだろう。
しかし、年収300万円時代と言われる昨今、やはり手術代は安い方が良いに決まっている。
であるから、レーシック手術に失敗した時に保険が適用されるのか、確定申告時に医療費控除の対象になるのかが、大事な問題となってくる。
そこでレーシック医療費控除はどのような時に活用されるのか吟味してみたわけである。


レーシックの医療費控除と確定申告のやり方、領収書やレシートと生命保険

レーシックで医療費控除になる為には、生命保険に入っている事が大前提
となる。
しかしながら、生命保険のタイプにより医療費控除を活用出来ない時がある為、生命保険の契約内容をそれぞれ吟味してみてほしい。
また、前年度1年間に出費した医療費の合計が10万円を超越した時には、確定申告すると、医療費控除により税金が減額もしくは還付金が受けられる仕組みに為っている。
レーシックの医療費控除を申請する時に治療費や手術代のレシートや領収書の提出が必要となる。
であるので、インターネット上の口コミ等を活用して、ガッチリ対応してくれる眼科やクリニックを探すべきだろう。
レーシック手術の費用はクリニックに拠ってちがう為、ここでも口コミや掲示板等を活用される事をお薦めする。
レーシック手術を実践する眼科やクリニックは全国にたくさん有る。
レーシック医療費控除を申告するポイントは、手術時の領収書やレシートなどの証拠書類を保管しておき、おのれの生命保険の契約内容を確認する事である。

 

 

 

 

 

【関連リンク】

 

Error 400 (Bad Request)!!1






婚活で出会う